胡蝶蘭の種類と特徴

日本では胡蝶蘭は大きくミディ系と大輪系にわかれて売られている。
ミディ系とは花が少し小さめであり、しかし色彩がすごく鮮やかでバラエティにとんでいる。 大輪系は胡蝶蘭の基本とされていて、花が大きく贈り物によくつかわれている。 ミディ系のウエディングプロムナードとは小さく花の数が多い。そして枝咲きするので豪華に見える。 ミディ系のざるつまんはレモン色で赤いリップが特徴の胡蝶蘭である。黄色の品種の中で1番鮮やかとされる。 ミディ系であるサクラヒメは、ピンクと白のグラデーションが綺麗な胡蝶蘭のひとつである。
一番有名なアマビリスは割と小ぶりな真っ白な花が人気の品種である。 ミディの種類のミリオンスターは花が星の形に似ていて、赤い点がちりばめられた綺麗な品種である。
大輪系のユニマックスロマンスは、丸い花弁が特徴的で背丈が低めであり、ピンクが美しい品種である。 大輪系のマウントリップは花の中心部分にピンクのぼかしがあり、明るい印象の品種である。 大輪系のソゴーユキディアンは2008年に世界の展示会で優良賞を受賞した白く美しい品種である。
胡蝶蘭は育てやすいよう品種改良がおこなわれていて、現在では25000種もあるといわれている。 一般的な胡蝶蘭の種類はソーゴユキディアンである。