胡蝶蘭の歴史

胡蝶蘭が日本に入ってきたのは明治時代といわれている。
胡蝶蘭は熱帯の植物であるため、むかしは一部の上流階級の人だけがめにできる高価な植物であった。 栽培に技術が発展し温室栽培が普及したことによって庶民の手にも届くようになり広まっていった。 原産地は熱帯地域である台湾南部、フィリピン、インドネシアなどの赤道付近が多い。
胡蝶蘭はとても綺麗な花をしていて有名なことからよく、開店祝いや就任祝いなどの岩井の場として贈られる。 ラン科の花だが、花が美しく日本では蝶が舞うように見えたことから胡蝶蘭と名付けられたとされる。
胡蝶蘭は明治時代にイギリスから伝えられたとする。
胡蝶蘭は種類がとても多く、現在はっけんされているだけで、2万5000種にもなると言われている。 胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」である。 色によってランの花言葉が違い、白は「純粋」、「変わらぬ愛」。ピンクは「愛してます」である。
蘭の歴史は古いが、日本で胡蝶蘭の歴史は浅い。それは栽培が難しく栽培農家が敬遠してたからである。 日本の胡蝶蘭の原点はアマビリスなのではないかと言われている。
胡蝶蘭はアマビリスを原料に品種改良を繰り返してできた綺麗な花である。